メガリジャパンからの
お知らせ

【開発日誌】メガリ工場での確認作業終了

2011年11月05日(土)

11月1日よりメガリ工場で、Megelli250r日本仕様のチェックを行ってきましたが、本日午前をもってチェック作業が完了しました。
11月2日に生産ラインをチェックするために、現地スタッフが一つひとつ確認を行いながら生産車の組み立てを行い、第一号車が出来上がったのがその日の夜です。
(ここまでは前回までにレポートした通り)
11月3日朝より生産車第1号をチェックし始めましたが、大変な事実が判明してしまいました。日本仕様のMegelli250rには、大型のハブベアリングを組み込むことになっていましたが、ベアリングの到着が遅れたため、実際の生産は来週になるとのことでした。
完全な生産車を確認できると思っていた当社社長は、ちょっと残念がっていました。その他の項目は全てのチェックを終え、これで一通りの確認作業は終了です。
写真はホイールの組み込みを待つため、並んでいるアンダーカウル(いっぱい)
来週から再来週にかけて生産車が完成していきますので、船積みが11月20日過ぎでしょうか。 そこから金沢港までは3週間ほどかけて、海を渡ってきます。
陸に上がった車輌は、私たちが十分な日数をかけて、隅から隅まで機能チェックを行います。 初めて日本に入ってくる車輌ですから、ちゃんとした車輌をお渡ししないと、お客様に失礼ですものね。^^

船積みの日程を確認できれば、もうしばらくで発売日をお知らせできる見込みです。(なんとなく逆算できると思いますが..。)
発売日の発表まで今しばらくお待ち下さいませ。

株式会社メガリジャパン
広報事務局

ページ上部へ